ベルガモット


ベルガモット 
ベルガモット

 

学名:Citrus aurantium bergamia
科名:ミカン科
産地:イタリア

採油部位:果皮
採油方法:圧搾法
主な成分:酢酸リナリル,リモネン,リナロール,ベルガプテン

概要

イタリア原産のベルガモットは柑橘系ですが、紅茶のアールグレイの香りづけ
に使用され、ジュースなどの食用にすることはなく、精油を取りオーデコロン
などの化粧品に使うのが主な用途です。

植物の特徴

ミカン科の植物で、樹高は5m程になります。白い花を咲かせます。
実は好き氏細長かったり、でこぼこしているものもあります。
黄緑色から黄色に変化していきます。

 

 

 

 

芳香:甘く、フルーティで、爽快感のある、シトラス調。

 

グリーン調とほのかなフローラル調の香りもある。

 

作用:抗菌作用,鎮静作用,抗感染作用,鎮痛作用

 

駆風作用,消化促進作用,健胃作用

 

 

ベルガモットは、心を鎮静させるとともに気分を高揚させる

 

特性があり、不安症、抑うつ症、神経の緊張に効果があると

 

いわれています。

 

ベルガモットオイルには、皮膚に対する光毒性の原因となる

 

ベルガプテンなどフロクマリン類が多くふくまれています。

最近では、ベルガプテンフリーと記載された、成分を取り除いた

精油も販売されています。